MENU

未来をひらく 思いをつたえる Hiraku

キンダーキッズと保護者の皆さまをつなぐフリーマガジン「Hiraku(ひらく)」!

未来をひらく 思いをつたえる情報誌 Hiraku

Hiraku Vol.07

2020年1月発行

一部の内容は、こちらのページでも掲載しております。全ての記事をお読みいただくには、「PDF形式ファイル」をダウンロードしてお読みください。

記事内容
【特集】子どもの「食育」について考えよう!P.1-4
StaffスポットライトP.5-6
分かる!英検:受験のタイミング - 英検クラス2020P.7-8
Interview - 英検1級合格者に聞く学びのコツ!P.9
【セレクト記事】Message from Grad Club:2019→2020P.10

未来をひらく 思いをつたえる情報誌 Hiraku

特集子どもの“ 食育”について考えようみなさんは「食育基本法」という法律があることをご存知ですか?

この法律は近年、食生活の多様化に伴う栄養の偏り、食料自給率の低下、廃棄食材の多さなどの問題を背景に2005年に施行されました。とくに子どもたちに対する「食育」は心身の成長や人格形成に大きく影響を及ぼすため、きちんとした食生活の実践が必要とされています。また、最近よく耳にする「育脳」の観点から見ても、幼少期に与える食事は子どもの脳の働きに大きく影響を与えます。
子どもは自分で食べる物を選べないため、家庭や園の役割は大きいと言えます。

未来をひらく 思いをつたえる情報誌 Hiraku

キンダーキッズでの取り組み食育基本法をもとに厚生労働省は「保育所における食育の指針」を定めており、キンダーキッズでも以下のような取り組みを行っています。

  • 体を動かして遊ぶことでお腹が空いて、おいしく食事ができるようにする
  • 野菜など栽培を通して、食材に対しての関心を深める
  • テーマ学習や季節に応じたクッキングの中で、いろいろな食材に親しみ、食べたいものを増やす
  • テーマ学習の中でいろいろな食材とその栄養素について学び、食の大切さを知る
  • 友だちや先生たちと楽しい雰囲気の中で会話をしながら食事をし食べることの楽しさを伝える

未来をひらく 思いをつたえる情報誌 Hiraku

セレクト記事Message from AndyGrad Club 2019→2020

昨年4 月、メンバーが新しい学年に進級し、少し成長した顔で教室に帰ってきてくれました。K3 クラスを卒園したばかりのG1 メンバーを迎え、私たちスタッフはとても嬉しく1 年をスタートしました。

記念すべき10回目を迎えた夏休み恒例のオーストラリア研修は、関東・名古屋・関西から過去最多人数のメンバーが参加し、素晴らしい旅になりました。新しく、研修地を海沿いの自然豊かなサンシャインコーストに移し、独特の風土に触れるとともに、文化や風習を学びました。学校の授業だけでなく、サーフィンレッスンやカンガルーの餌やり、コアラの抱っこなど、同国ならではのアクティビティにも挑戦しました。

未来をひらく 思いをつたえる情報誌 Hiraku

また夏には、新たにカンボジアボランティアプロジェクト(小学校5 年生以上対象)も実施しました。
皆さまのサポートで運営するキンダーキッズチャリティースクールを訪問できたことは感慨深く、ボランティア活動の意義を考える良い機会となりました。
そして、一年の集大成とも言える英語スピーチコンテストも大成功!圧巻のパフォーマンスの裏には、メンバーが一生懸命に原稿を書き、繰り返し練習してきた努力があります。

レッスン・イベントの一つひとつが私たちのかけがえのない思い出となるのは、皆さんの精一杯頑張る姿がいつもそこにあるからです。
キンダーキッズ開校20周年を迎える2020年、キンダーキッズファミリーの一員として、グラッドメンバーの皆さんとまた新しい一年を迎えられることにワクワクしています。
一人ひとりの成長を心から望み、全力でサポートしていきます!

PDFダウンロード PDF

こちらでは、「PDF形式ファイル」をダウンロードしていただけます。お近くにスクールや配布場所がない場合、こちらでお楽しみください。

PDFダウンロード

日本語 P.1~P.10

English ver. PDF

English P.1~P.10